■男の脂肪は落ちやすい!

男と女は脂肪のつき方が違う

あなたは自分の体脂肪率をご存知ですか?

体脂肪というと一般的に「皮下脂肪」と言うイメージが強いと思いますが
実は体脂肪には2種あって、それは「皮下脂肪」と「内臓脂肪」です。

そして、これは一般的に男女でつきかたの違いがあります。

「皮下脂肪」は下腹部や腰回り、太ももなど
身体の表面にある脂肪のことで女性につきやすい脂肪です。

「内蔵脂肪」は腹筋と内蔵の間につく脂肪のことで
脳卒中や動脈硬化の原因となる危険な脂肪で
一般的に男性につきやすい脂肪です。

そう聞くと「内蔵脂肪」は恐い脂肪ではありますが
実はこの脂肪はつきやすい反面、落ちやすい脂肪でもあります。
「血液中に溶け出しやすい」内臓脂肪は燃焼させやすく
だから男は少しの運動だけでも痩せやすいのです!

ちょっと意識を変えるだけで効率よく成果につながる
そう思うとダイエットにも励みが出ますね!

このようにいろいろな身体の仕組みや理論を考えると
効率よく無理なく楽にダイエットできます。
そして、このような目からウロコの話が満載の本が
小林一行氏の著書「なぜ一流の男の腹は出ていないのか?」です。

この本には色々なキーワードはちりばめられています。
例えば・・・


 □ 「忙しい」が口グセの人は太る

 □ 内蔵に運動させれば腹は凹みはじめる

 □ 「血糖値を上げない食べ方」にガマンは必要ない

 □ 夕食のおかずは減らすな。一品増やせ。

 □ 酒では太らない。接待漬けでもやせられる。

 □ 「つまみ」を制する物はダイエットを制す!

 □ 揚げ物OK!ただし食べるタイミングは・・・

 □ 最初は減らない

 □ 「停滞期」はダイエットにつきもの。こう乗り切れ!

この本はあなたのこれまでのダイエットに
終止符をうつ本になるかもしれません

そして、今回は愛媛でそんな小林氏の講演は聴けるという
数少ないチャンスです!


小林一行氏プロフィール
うつ・過食・自殺未遂の経験から心理学・自己啓発を学び自分自身で
うつを克服。その時の経験をダイエットに応用し独自の手法で25kgの
ダイエットに成功した。「こんな意志の弱い自分でもできたダイエット法
だから誰にでもできる」と考え、このダイエット法を広めるため、セミナー
やダイエットの個人コンサルティングを展開。
さらに出版活動を行ない、著者として9冊の本を出版している
代表作「なぜ一流の男の腹は出ていないのか?」は10万部を超え累計18万部の著者。

「なぜ一流の男の腹は出ていないのか?」に
ご興味がある方はこちらで購入できます。
私が見た時点で残り1冊になっていました。早い者勝ちですよ!

また、小林一行氏の講演をお聴きになりたい方、
以下の参加申込フォームからお申し込みください。
お待ちしております!

参加申込フォーム

下記フォームより直接参加申込できます。

「なぜ一流の男の腹は出ていないのか?」

EMBM設立総会PRチラシ_最終正式p

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。